下まぶたのクマ、たるみを取って活き活きとした目元に。

老若男女を問わず目の下のクマ・たるみでお悩みの方は大変多くいらっしゃいます。下まぶたにクマがあることで、実年齢以上に老けて見られたり、いつも疲れているように見られたりします。クマやたるみさえなければもっとずっと健康的で若々しくいられるのに、これは実にもったいないことです。
幸いなことに目の下のクマ・たるみは治療により大きく改善することが期待できます。
エースクリニックと一緒にあなたのお悩みの解決へ一歩を踏み出してみませんか?

あなたはどのタイプにあてはまりますか?

クマにはいくつかのタイプがあります。どのタイプのクマに当てはまるかによって、そのクマの原因や治療法が異なります。まずはご自分のクマがどのタイプに当てはまるかを考えてみましょう。場合によっては複数のクマのタイプが混在していることもあります。

  • 影クマ(黒クマ)

    目の下の凹凸によってできるクマで、クマの主体は陰影です。
    加齢により症状が進行します。
    目の下は眼窩から頬につながる部位で複雑に構成されている部位です。出っ張りやくぼみで立体的な凹凸ができることで、くぼんでいる部分に影ができて黒っぽく見えます

    影クマ(黒クマ)について詳しくはこちら

  • 赤クマ・紫クマ

    目の下は人体で皮膚が最も薄い部位です。さらに通常の皮膚と異なり、皮下に脂肪層がありません。そのため皮下の筋肉が透けて見えることにより赤くみえたり紫色に見えたりします。

    赤クマ・紫クマについて詳しくはこちら

  • 茶クマ

    皮膚に色素(メラニン)が沈着することで生じるクマです。原因はお化粧などによるこすりすぎやADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というアザの一種であることもあります。メラニンにより色味が茶色くなります。

    茶クマについて詳しくはこちら

エースクリニックが特におすすめする施術

エースクリニックでは患者様の目の下のクマ・たるみの状態に応じて最適な治療法をご提案するため、多くの施術メニューを展開しています。専門院のキメ細やかな施術を是非体験してください。

影クマの治療

  • 経結膜ハムラ法

    長期間変わらない効果をお求めの方にオススメ

    目の下にふくらみがあり、その下がくぼんでいる方におすすめの治療です。結膜を切開するかわりに皮膚を切開しないため、傷ができません。また、脂肪を切除せずに移動させるため術後の脂肪の減りがなく、長期間安定した効果が得られます。年齢を問わず多くの方におすすめできる治療法です。

    施術の詳細
    経結膜ハムラ法
  • 脱脂CRF法
    (下瞼脱脂+マイクロコンデンスリッチファット注入)

    腫れない治療をお求めの方にオススメ

    目の下のふくらみ(目袋)を除去し、その下のへこみに他部位から採取した脂肪を注入する手術方法です。経結膜ハムラ法の適応があるけれども、極力ダウンタイムを短くしたい場合はこの治療法を選択されると良いでしょう。また、へこんでいる範囲が広範囲の場合もこの治療の適応があります。

    施術の詳細
    脱脂CRF法
  • ウルセラアイ+
    サーマクールアイ+
    ヒアルロン酸注入

    切らない治療をご希望の方にオススメ

    目の下のクマやたるみを改善したいけれども、手術的な方法には抵抗のある方におすすめな治療法です。ウルセラ(超音波)とサーマクールアイ(高周波)で皮膚や筋肉を強力に引き締めます。さらにヒアルロン酸を注入することでくぼみもしっかりとボリュームアップさせます。1年に一度といった具合に定期的にされると年を経るごとに若々しい目元になるでしょう。

    施術の詳細
    ウルセラアイ
    サーマクールアイ
    ヒアルロン酸注入

目元のエイジングケア

院長からのメッセージ

昨今の美容医療機器の発展には目覚しいものがあり、それと同時に加齢変化の改善を目的としたノーダウンタイムの治療も気軽に受けられる時代になりました。
目元は顔のパーツの中でも最もその人の印象を大きく決定する部位であり、気軽に受けられる治療が増えた点は喜ばしいことです。
顔貌の加齢性変化に対する治療は私が特に力を入れている分野でもあります。弊院では開院以来新しい医療機器を積極的に取り入れ、患者様のご要望にいかに応えていくかを研究して参りました。その甲斐あり、切らずとも患者さまのご要望にある程度応えられるようになってきております。

しかし、そのような状況であっても目の下のクマ・たるみを始めとする目周囲の治療では、ある程度のダウンタイムが避けられない手術への需要も決して減ることはなく増え続けています。これは、現状としては、手術による治療効果は大変大きく、美容医療機器によって得られる効果との間にかなり差があるためです。

特に下まぶたは顔の中でも最も早く加齢による影響が出てくる部位です。そのためこの部位のクマやたるみは老若男女を問わず多くの方にとって悩みの種となっています。下まぶたにクマがあると、実年齢以上に老けて見られたり、憂鬱そうに見えたり、いつも疲れているような印象を与えてしまいます。

幸いなことに、目の下のクマは手術による改善が非常に大きく期待できます。
特に弊院でも最も多い手術の一つである経結膜ハムラ法(通称裏ハムラ法)や脱脂CRF法(下瞼脱脂+マイクロコンデンスリッチファット注入)は皮膚を切開しないため、ここ数年非常に人気の高い手術となってきています。
最近では腫れない治療への需要が特に高まっていますが、少々腫れても医学的により優れていれば患者様のためになると考え、私共は腫れない治療とともに医学的妥当性のより高い治療の実践・研究を続けています。

今もなお、目の下のクマでお悩みの方の多くが化粧品の類で何とかならないかとあれを試しこれを試しという日々を送っているのではないでしょうか。あるいはクマの原因が寝不足や疲れからきているものではないかと、全く見当違いな手当てをご自身でされているかもしれません。

残念ながら、びっくりするくらい高価な化粧品を何年使っても、睡眠時間をたっぷり取ったとしても、あなたの目の下のクマ・たるみのお悩みの解決にはあまりつながらないでしょう。
それよりもクマ・たるみの経験豊富な医療機関にアドバイスを求めることが一番の近道であると、私は自信を持って言うことができます。

ここ10年ほどで目の下のクマ治療は格段に進歩を遂げ、多くの方に良い結果をもたらすことができるようになりました。エースクリニックでも開院以来、目の下のクマ・たるみ治療の実践・研究に心血を注いできました。
そして、目の下のクマ・たるみ専門サイトを立ち上げ約4年の月日が経ちましたが、その間にもこの分野をめぐる知見が蓄積し、この度専門サイトのリニューアルをすることとなりました。

これからも多くの症例を通して、皆様のお悩みの解決のため努力を続けていく所存です。
この目の下のクマ・たるみ専門サイトが皆様のお悩みの解決の一助になれば幸いです。

クリニック紹介・アクセス

エースクリニック
美容外科 形成外科 美容皮膚科

院長:竹内 孝基

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-41-20 CK18名駅前ビル6F

電話番号:052-589-1001

名古屋駅からのご案内
名古屋駅地下鉄1番出口を出て左に向かい、ザ サイプレス メルキュールホテル名古屋を越えたところの角を左斜めに進み約50m
CK18名駅前ビル(1階が文理セミナー)の6階です。

大きな地図で見る(Google Map)