くぼみ目

くぼみ目治療について解説いたします。
この治療がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療を選択する一助になれば幸いです。

くぼみ目とは?

一般的には上まぶたのくぼんだ状態をくぼみ目と言います。
上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。また、くぼみが強いと目を開けにくくなるので疲れやすくなって日常生活に支障を来たすこともあります。例えば、頭痛や肩凝りの原因になることがありますし、額や眉間の深いしわの原因になることもあります。
上まぶたのくぼみは、単に上まぶたの脂肪が減ってくぼんでいるだけの場合と、眼瞼下垂に伴ってくぼんでいる場合があります。

頭蓋骨には眼窩と呼ばれる穴が開いています。ここに眼球が入り、その周囲を眼窩脂肪がクッション的役割を果たすように覆っています。眼窩脂肪は年齢とともに減少するため、眼窩全体が落ちくぼんでくるのですが、その一症状として上まぶたがくぼんできます。よく観察すると目尻も目頭も下まぶたもくぼんでいますが、特に上まぶたが目立つので、くぼみ目と言うと上まぶたのくぼみを指すことが多いようです。

一方、後者の眼瞼下垂の場合、まぶたの脂肪がまぶたの奥に引き込まれてしまうために、くぼみ目になります。さらに、額の筋肉を使ってまぶたを開けようとして眉毛を挙上するため、よりまぶたはくぼみ易くなります。

どのようにしてくぼみ目を改善させるか?

くぼみ目を改善させるためには以下の戦略が考えられます。

(1)くぼんでいる部分に何かを注入しふくらませる。
(2)くぼみ目が眼瞼下垂症の一症状として出ている場合があるので、その場合は眼瞼下垂症の治療を行う。

一般的な傾向としては、30代~40代の方は(1)による治療を、50代以降の方は(2)による治療を行うことが多いです。

(1)何かを入れてふくらませる場合、脂肪かPRPかヒアルロン酸を入れてふくらませます。
効果の持続は 脂肪>PRP>ヒアルロン酸です。

眼瞼下垂があると何かを注入すると重くなって余計に目が開きにくくなるので要注意です。

(2)眼瞼下垂によりくぼみ目が生じているケースは結構多いです。目を開けるときに眼窩脂肪が眼窩の奥に引き込まれるためくぼみ目が生じます。この場合は、当然眼瞼下垂の治療を行わなければなりません。

施術のご紹介

  • マイクロコンデンスリッチファット注入

    脂肪の減少によりくぼみ目になるので、脂肪を注入するのが最も理にかなっています。
    眼の周囲は皮膚が大変薄い部位なので、ごく細い針でも注入できるようにジェル状に加工したマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)なら仕上がりがデコボコすることなく表面が滑らかな仕上がりになります。

    施術の詳細
    マイクロコンデンスリッチファット注入
  • ヒアルロン酸注入

    ヒアルロン酸は皮膚の重要な構成成分の一つです。くぼんでいる部分に注入し、皮膚を下から持ち上げることでくぼみ目を改善します。注射したヒアルロン酸は徐々に分解吸収されるため、定期的な注射により効果が維持されます。

    施術の詳細
    ヒアルロン酸注入
  • 眼瞼下垂症手術

    くぼみ目が眼瞼下垂症の一症状として現われているケースは実は結構多いです。目を開けるときに眼窩脂肪が筋肉と一緒に眼窩の奥に引き込まれてしまうことが原因です。
    このような場合は眼瞼下垂症の治療を行いましょう。

    施術の詳細
    眼瞼挙筋前転法

施術の比較

施術方法 マイクロコンデンスリッチファット注入 ヒアルロン酸注入
特長 濃縮した脂肪をジェル状に加工し、繊細な注入が可能に 無色透明なヒアルロン酸製剤を注入してボリュームアップ
ダウン
タイム
ほぼないが
ときに若干の皮下出血
ほぼないが
ときに若干の皮下出血
メリット 定着した脂肪により長期にわたり効果が持続
なじみが非常に良い
注入するだけの簡単な施術
デメリット 脂肪を採取する手間がかかる(30分程) 効果の持続がやや短い

くぼみ目についてのQ&A

なるべく簡単で、なるべく効果が長持ちするくぼみ目の治療法はありますか?
ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸製剤を注入するだけなので、一番簡単ではありますが、効果の持続がやや短いという欠点があります。ヒアルロン酸は粒子が細かいものほど吸収が早く、皮膚の薄い目の周囲には粒子の細かいヒアルロン酸しか使えないためです。 一方、プレミアムPRP療法ですと、採血する手間は余分にかかりますが、効果の持続が約2年と長くおすすめです。手間といっても採血するだけですので、それほどの手間ではないと思います。
どれくらいおきに施術を受けると良いですか?
ヒアルロン酸は体内で徐々に分解吸収されていくため、効果を維持するためには定期的に注射する必要があります。個人差はありますが、目の周囲の場合は半年~1年くらいで再注入にお越しになる方が多いので、それくらいおきに施術を受けられると良いかと思います。
内出血は出ますか?
極めて細い針を使用したとしても、針を刺す施術の場合は完全に内出血が起こらないようにはできませんが、弊院ではヒアルロン酸の施注にあたり、先のとがっていない極細の鈍針(カニューラ)を使用していますので、内出血のリスクは最小限です。また、これにより血管内にヒアルロン酸が入ってしまうことも防げます。
目の上や目の下のくぼんでいる所にもヒアルロン酸注射治療は有効ですか?
ヒアルロン酸を注射した部位はふくらみますので、クマやくぼみ目の方にも有効です。ヒアルロン酸を注入することにより、くぼみを浅く目立ちにくくすることができます。
目元のしわにもヒアルロン酸注射治療は有効ですか?
ヒアルロン酸を注射した部位はふくらみますので、目元のしわの場合はしわのへこんでいる部分の皮内に注射するとしわが伸びます。ただし、ちりめんじわのように細かいしわの場合、人間の手でそこまで細かく注射することはできないので、水光注射のような器械を使った施術やプレミアムPRP療法などの治療がおすすめです。
ボコボコしたりしませんか?
弊院ではヒアルロン酸を随時5種類以上用意しています。ヒアルロン酸を注入する部位、深さに応じて最適なものを選択しますので、ボコボコしたりすることはありません。
上まぶたが極度にくぼんでいます。注射のみで改善しますか?
上まぶたが強く窪んでいるという場合、眼瞼下垂症が原因であることが多いです。このような場合は、注射によりまぶたが重くなり、より目が開けにくい状態になることも考えられます。眼瞼下垂に対する根本的な治療である、眼瞼挙筋前転術を行うことをお勧めいたします。
下まぶたのくぼみ(クマ)が気になります。どのような治療がありますか?
下まぶたのくぼみをふくらませてクマを改善させる方法は主に3つあります。簡便な方法から順に、 (1)ヒアルロン酸注入 (2)セルリバイブジータ(成長因子添加PRP) (3)マイクロCRF です。効果の持続が長いのはこの逆の順になります。 これらの治療はそれぞれに特徴がありますが、(2)の方法は採血が必要で、(3)の方法は他の部位から脂肪を採取する必要があります。
上まぶたにセルリバイブジータを注入した場合、効果はどれくらい持続しますか?
個人差はありますが、一般的に1~2年の持続が期待できます。短期間に何回も行う必要のない治療ですが、減ってきたように感じる場合は繰り返し治療を行うことができます。
上まぶたのくぼみに対してセルリバイブジータを考えています。注入後は腫れますか?
注入後しばらくは若干むくみが生じます。人によっては腫れぼったく感じる場合もありますが、1週間程度で気にならないくらいになります。

その他目元のエイジングケア施術

  • 目の下のクマ・たるみ

    クマを取って活き活きとした表情に

    下まぶたのクマのお悩みは老若男女を問いません。クマがあるとそれだけで疲れてみえたり暗い印象を与えてしまったりします。特に凹凸からくる影クマはお化粧で隠すことはできません。適切な治療を行うことで、目の下のクマを改善することができます。

    目の下のクマ・たるみ 詳細
  • 上まぶたのたるみ

    若々しい目元を取り戻してパッチリ目元へ

    皮膚の余りが重力により目元に覆いかぶさってくることにより、年齢とともにパッチリさやすっきりした感じが失われていき、二重は狭まり三角目と呼ばれる状態になります。たるみが更にひどくなってくると、視界が狭まり危険を伴うことがあります。

    上まぶたのたるみ 詳細
  • 目元のしわ

    気になる目元のしわを切らずにケア

    目元は皮膚が薄いため、しわが出来やすい部位です。目元にできるしわには、主に眼輪筋の収縮により生じる表情じわと皮膚の弾力性の低下により生じるちりめんじわ、皮膚のたるみが原因のたるみじわがあります。

    目元のしわ 詳細
  • 眼瞼下垂

    エースクリニックの眼瞼下垂治療は健康保険が使えます。

    眼瞼下垂とは、目の開きが悪い状態をいいます。これは何らかの原因によりまぶたを開ける筋肉の力がうまく伝わっていないことにより生じます。 目の開きが悪いと眠たそうな目に見えたり、片側の場合は目の左右差となって現れますし、時にひどい肩こりや頭痛の原因にもなります。

    眼瞼下垂 詳細

院長からのメッセージ

年齢とともに体の脂肪は蓄積していきますが、顔面の脂肪は委縮するという特徴があります。顔面の脂肪が委縮することでお顔のさまざまなところが痩せてこけていきますが、この現象を骸骨化などと表現されることもあります。
目の周囲は皮膚が薄いので顔面の脂肪の委縮が表面に出やすい部位です。上まぶたがくぼむとやや不健康そうな印象になるので、気にされる方も多いでしょう。
最近は良いフィラーがありますので、自然に目元をふっくらさせることが可能になりました。注入の際に使用する針もごく細のものですので、痛みはそれ程ありません。
くぼみ目でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談