クマの種類影クマ(黒クマ)

影クマ(黒クマ)とは?

影クマ(黒クマ)は下まぶたの凹凸が原因でへこんでいる部分に影ができて黒く見えるタイプのクマです。
ふくらんで見える部分は目袋とも言われ、医学的には眼窩脂肪という脂肪が前方に突出したものです。
一方、へこんで見える部分は瞼頬溝と言われ、脂肪が下垂することにより生じる溝です。

影クマの成因

老化により眼球を支えている靭帯・組織は緩みます。そのため眼球は下方に偏移します。

眼球の下には眼窩脂肪と呼ばれる眼球を保護する脂肪がありますが、さらにその下は硬い骨があるため、眼球が重力によって下方に偏移すると眼窩脂肪は前方に押し出されます。
若いときは皮膚や眼輪筋、眼窩隔膜といった眼窩脂肪を押し戻す組織に緊張があり、この眼窩脂肪が前方に張り出てこないように押さえこんでいるのですが、年齢とともにその力も弱まり前方に膨らんだ状態となります(いわゆる目袋)。

また、下まぶたの下方にある頬骨の前面の組織は加齢により下垂し、ちょうど目袋の下の部分がへこんだ状態となり、下まぶたのふくらみをより強調することになります(いわゆるクマ)。

つまり、目の下のふくらみ(目袋)は眼窩内の脂肪(頬骨の上の組織)が出っ張ってきて生じるのに対して、その下のへこみ(瞼頬溝)は頬骨の前面の組織が下垂することにより生じるものということになります。

影クマの治療

影クマはその原因である凹凸を治すことで良くなります。
エースクリニックでは、患者様の状態やご要望に合った最適な治療をご提案できるように多くの施術メニューを用意しています。診察・カウンセリングでは現在の状態の分析からその状態に適した治療を患者様のご希望を加味してご説明いたします。

  • 経結膜ハムラ法
    経結膜的眼窩脂肪移動術

    目の下にふくらみがあり、さらにその下がくぼんでいる方におすすめの治療です。結膜側を切開するかわりに皮膚を切開しないため、傷ができません。脂肪を切り離さないため長期にわたり後戻りがありません。年齢を問わず多くの方におすすめできる治療法です。

    施術詳細
    経結膜ハムラ法(経結膜的眼窩脂肪移動術)
  • 皮切経結膜ハムラ法
    経結膜的眼窩脂肪移動術+下眼瞼除皺術

    余剰皮膚の目立つ方に適応のある手術です。まつ毛のすぐ下の部分で余っている皮膚を切除する一方、結膜側より脂肪の膨らみをクマのくぼんでいる部分に移動させます。元々はすべての操作を皮膚側の切開から行われていましたが(ハムラ法)、眼輪筋を切らないこの方法により自然な下まぶたの表情を保つことができるようになりました。

    施術詳細
    皮切経結膜ハムラ法 (経結膜的眼窩脂肪移動術+下眼瞼除皺術)
  • 下まぶたのたるみ取り
    下眼瞼除皺術

    下まぶたにたるみがあると、皮膚がよれて凹凸ができることによりクマのように見えます。まつ毛のすぐ下で皮膚を切開して皮膚の余りを解消する施術です。

    施術詳細
    下まぶたのたるみ取り (下眼瞼除皺術)
  • マイクロコンデンスリッチファット注入
    微細濃縮脂肪注入

    目の下のクマの原因がくぼみによるもののみの場合は脂肪注入をされると良いでしょう。その場合、眼の周囲は皮膚が大変薄い部位なので、ごく細い針でも注入できるようにジェル状に加工したマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)なら仕上がりがデコボコすることなく表面が滑らかな仕上がりになります。

    施術詳細
    マイクロコンデンスリッチファット注入 (微細濃縮脂肪注入)
  • 下瞼脱脂
    下眼瞼眼窩脂肪切除術

    単に下まぶたがふくらんでいるのみで、その下にくぼみがないという場合に適応になります。ただ目の下がふくらんでいるだけという方は多くないため、この手術単独で行うケースはそれ程多くはありません。下まぶたの裏側を少し切開するだけですので、腫れは少なく表に傷もできない治療です。

    施術詳細
    下瞼脱脂 (下眼瞼眼窩脂肪切除術)
  • 脱脂注入法
    下瞼脱脂+切除眼窩脂肪注入

    目の下のふくらみ(眼窩脂肪)を除去し、その除去した脂肪をへこんでいる部分に注入する方法です。へこみが軽度の方におすすめの方法です。まぶたの裏側を少しだけ切開するだけなので、腫れも少なく傷跡もできません。

    施術詳細
    脱脂注入法 (下瞼脱脂+切除眼窩脂肪注入)
  • 脱脂CRF法
    下瞼脱脂+マイクロコンデンスリッチファット注入

    目の下のふくらみ(眼窩脂肪)を除去し、その下のへこみに他部位から採取した脂肪を注入する手術方法です。マイクロ化された脂肪は極細の針で注入でき、滑らかな仕上がりになります。経結膜的ハムラ法の適応があるけれども、極力ダウンタイムを短くしたい場合はこの治療法を選択されると良いでしょう。また広範囲のへこみがある方もこの施術の適応があります。

    施術詳細
    脱脂CRF法 (下瞼脱脂+マイクロコンデンスリッチファット注入)

全く切らない治療

  • ウルセラアイ+サーマクールアイ+ヒアルロン酸注入

    目の下のクマやたるみを改善したいけれども、手術的な方法には抵抗のある方におすすめな治療法です。ウルセラ(超音波)とサーマクールアイ(高周波)で皮膚や筋肉を強力に引き締めます。さらにプレミアムPRPでお肌のハリを回復させます。1年に一度といった具合に定期的にされると年を経るごとに若々しい目元になるでしょう。

    施術詳細
    ウルセラアイ
    サーマクールアイ
    ヒアルロン酸注入
  • マドンナリフト

    フラクショナル炭酸ガスレーザー「スマートサイドドット」を使用して、下まぶたの皮膚に直径0.1mmの微小な穴を無数に開けていきます。皮膚が治癒していく過程で、均一に皮膚が収縮することにより下まぶたのたるみや小じわを改善します。

    施術詳細
    マドンナリフト
  • ヒアルロン酸注射

    ヒアルロン酸は皮膚の重要な構成成分の一つです。クマ(へこみ)の部分に注入し、皮膚を下から持ち上げることでクマを改善します。注射したヒアルロン酸は徐々に分解吸収されるため、定期的な注射により効果が維持されます。

    施術詳細
    ヒアルロン酸注射

その他の種類のクマ

  • 赤クマ・紫クマ

    目の下は人体で皮膚が最も薄い部位です。さらに通常の皮膚と異なり、皮下に脂肪層がありません。そのため皮下の筋肉が透けて見えることにより赤くみえたり紫色に見えたりします。

    赤クマ・紫クマについて詳しくはこちら

  • 茶クマ

    皮膚に色素(メラニン)が沈着することで生じるクマです。ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というアザの一種であることもあります。メラニンにより色味が茶色くなります。

    茶クマについて詳しくはこちら

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談