眼瞼下垂症

眼瞼下垂

眼瞼下垂症について解説いたします。
この疾患がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療を選択する一助になれば幸いです。

眼瞼下垂症とは?

眼瞼下垂とは目の開きが悪い状態をいいます。
目の開きが悪いと、見た目の上では眠そうに見えたり疲れて見えたりします。
また、片側のみの眼瞼下垂の場合は目の左右差となって現れます。

さらに悪いことに、まぶたが開きにくい状態が続くと、まぶたの開きを調節する神経に過剰な緊張を強いるため、肩こり、頭痛、易疲労感、全身倦怠感などの症状がもたらされます。
そうなると眼瞼下垂はただ単にまぶただけの問題ではなくなり、日常生活に多大な支障を来たすようになります。

実は眼瞼下垂は大変に多い病気で、視野が狭くなる、目が疲れやすいといった症状の他に慢性的な肩凝り・頭痛の原因になっている場合も多く見受けられます。
もし貴方が眼瞼下垂症を患っているとしたら、眼瞼下垂を治療することで、貴方の日常生活の質(QOL:Quality Of Life)は確実に向上することでしょう。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因は大きく分けると2つあります。
一つ目はまぶたを開ける筋肉に異常のあるもの、二つ目はまぶたを開ける筋肉の力をまぶたに伝える部分に異常のあるものです。もう一つ、余剰皮膚によりまぶたが垂れ下がってしまうことでまぶたが開いていないように見えることもあり、これもより広い意味での眼瞼下垂とされます。

(1)まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)に異常のあるもの
多くの場合は先天的(生まれつき)な理由によります。眼瞼挙筋の力が生まれつき弱いことが原因でまぶたを開けにくい状態です。この状態の方は、多くの場合、筋肉が高度に線維化していたり、痕跡があるのみとなっています。

(2)まぶたを開ける筋肉(眼瞼挙筋)の力がうまく伝わらないもの
眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板(まぶたの骨格に相当)につながっています。この腱膜と瞼板の接合部は元々生理的にしっかりとつながっているわけではなく、比較的ゆるくつながっています。様々な理由によりこの接合部がはずれてしまい、腱膜と瞼板が離れてしまうことがあります。この場合、眼瞼挙筋の力がうまく瞼板に伝わらずまぶたを開けにくくなります。この状態を腱膜性眼瞼下垂と言います。コンタクトレンズを長期に使用している人などに良く見られるタイプです。毎日まぶたを引っ張ったりすることでいつの間にか腱膜と瞼板が外れてしまうためです。
また、腱膜は元来薄い組織ですが、老化によりさらに薄く伸び伸びになってしまいます。この場合もゴムひもが伸びきった状態と同じなので、やはり筋肉の力が伝わりにくくなりまぶたを開けにくくなります。これを老人性眼瞼下垂と言いますが、加齢により多くの方がこの状態になります。

(3)皮膚の余りによりまぶたが垂れ下がってしまうもの
この状態の場合、余った皮膚そのものが視界をさえぎってしまうため視野が狭くなるということもありますが、まぶた自体も余った皮膚の重みで開きづらくなってしまいます。通常、三角眼と言われる状態ですが、側方が見えづらくなり思わぬ怪我をしてしまうこともあり大変危険です。

眼瞼下垂の治療

上記の(2)の場合、腱膜と瞼板が外れることにより眼瞼挙筋の力がうまく伝わらなくなっているので、腱膜と瞼板を再度接合し直してあげると目を開けやすくなります。この場合、眼瞼挙筋前転法を行います。

上記の(1)の場合、眼瞼挙筋の力がある程度良好な場合とほとんどない場合で治療法が分かれます。ある程度眼瞼挙筋の機能が残っている場合は(2)の方法と同様に眼瞼挙筋前転法を行います。眼瞼挙筋がほとんど働いていないような最重度の眼瞼下垂症の場合、眼瞼挙筋の力を使ってまぶたを開けさせることが難しいので、前頭筋吊り上げ術という額の筋肉(前頭筋)の力でまぶたを吊り上げる手術を行います。

上記の(3)の場合、余剰皮膚を切除することで、視界をさえぎる皮膚を除去し、まぶたの重みを軽くして開けやすくする手術を行います(重瞼ライン切開法)。

施術のご紹介

  • 眼瞼挙筋前転法

    眼瞼挙筋(まぶたを開ける筋肉)を前転させて、まぶたを開けやすくなるような位置で固定する方法です。
    生まれつきではない後天性の眼瞼下垂症の方の標準的な手術方法です。重度でない先天性の眼瞼下垂症の方にも良い適応があります。

    施術の詳細
    眼瞼挙筋前転法
  • 重瞼ライン切開法

    垂れ下がった皮膚を切除することでまぶたの重みを軽くし、同時に皮膚のかぶさりを除去する方法です。
    まぶたの皮膚が伸びてしまい、その皮膚が垂れ下がって三角眼になってしまっている方に良い適応があります。

    施術の詳細
    重瞼ライン切開法
  • 前頭筋吊り上げ術(大腿筋膜移植)

    先天性の重度の眼瞼下垂の場合、まぶたを開ける筋肉がほとんど働いていないため、額の筋肉を使ってまぶたを吊り上げるという手術を行います。

    施術の詳細
    前頭筋吊り上げ術(大腿筋膜移植)

眼瞼下垂についてのQ&A

最近特に夕方まぶたを開けにくく感じます。眼瞼下垂でしょうか?
眼瞼下垂では、見た目では眠そうに見えます。また、おでこにしわが寄ったり、頭痛、肩こりなどの随伴症状が見られることもしばしばです。夕方は上まぶたもくぼみやすく、一日の疲れが出て、まぶたを開けにくく感じやすい時間帯です。眼瞼下垂の可能性がありますので医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか?
片側だけ眠そうに見えます。片側だけの眼瞼下垂手術も可能ですか?
片側の眼瞼下垂の方もいらっしゃいます。このような場合は片目だけの手術を行います。ただし、実際に診察をすると、問題ないと思っていた方のまぶたも問題のある方に比べればましというだけで、眼瞼下垂がある場合が大変多いです。ですので、本当に片側だけの手術で良いかどうかを診察させていただいたときにご説明いたします。
眼瞼下垂の手術を行うと二重になりますか?
結論から申し上げますと、元々一重の方は、眼瞼下垂の手術を行うと結果的に二重になります。これは皮膚を切開した部分で二重を作るためです。もちろんあまり二重っぽくしたくない方にはそのような手術を行いますので遠慮なくおっしゃってください。 また、眼瞼下垂でなく、ただ単に二重まぶたにしたいという方は自費手術となりまして、健康保険を使うことはできません。
眼瞼下垂の手術を行うと肩こりや頭痛が治ると聞きましたが本当ですか?
実際の診療上、眼瞼下垂の術後に肩こりや頭痛がなくなったとおっしゃる方は非常に多いです。これはまぶたを開けにくいことで、神経を過剰に緊張させていることが原因です。 ただし他の原因で肩こりや頭痛になっている可能性もありますので、全員の方の肩こりや頭痛が治るわけではありません。

その他目元のエイジングケア施術

  • 目の下のクマ・たるみ

    クマを取って活き活きとした表情に

    下まぶたのクマのお悩みは老若男女を問いません。クマがあるとそれだけで疲れてみえたり暗い印象を与えてしまったりします。特に凹凸からくる影クマはお化粧で隠すことはできません。適切な治療を行うことで、目の下のクマを改善することができます。

    目の下のクマ・たるみ 詳細
  • 上まぶたのたるみ

    若々しい目元を取り戻してパッチリ目元へ

    この皮膚の余りが重力により目元に覆いかぶさってくることにより、年齢とともにパッチリさやすっきりした感じが失われていき、二重は狭まり三角目と呼ばれる状態になります。たるみが更にひどくなってくると、視界が狭まり危険を伴うことがあります。

    上まぶたのたるみ 詳細
  • くぼみ目

    くぼんで老けて見える目元の解消

    若いときにはパンパンしていたまぶたも年齢とともにくぼみがちに。上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。また、くぼみが強いと目を開けにくくなるので疲れやすくなって日常生活に支障を来たすこともあります。

    くぼみ目 詳細
  • 目元のしわ

    気になる目元のしわを切らずにケア

    目元は皮膚が薄いため、しわが出来やすい部位です。目元にできるしわには、主に眼輪筋の収縮により生じる表情じわと皮膚の弾力性の低下により生じるちりめんじわ、皮膚のたるみが原因のたるみじわがあります。

    目元のしわ 詳細

院長からのメッセージ

「眼瞼下垂」という言葉をお聞きになったことはありますか?テレビや新聞などで頻繁に取り上げられるようになり、ここ数年で眼瞼下垂症に対する世間の認知度はかなり向上しました。しかし、それでも眼瞼下垂というと何か大変な病気という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

眼瞼下垂症は実は大変多い非常にありふれた疾患です。生まれつきのものもありますが、圧倒的に多いのは後天的な(生まれつきではない)ものです。後天的なもののうち老化が原因のものはかなりの割合を占めますが、そもそも程度の差はあれど老化により誰でも眼瞼下垂は進行します。年齢を重ねるとしわができたり、目も衰えて老眼になりますが、眼瞼下垂もこれと同様の老化現象とお考え下さってよいでしょう。

さて、たとえ老化現象であっても、しわのように放置しておいても健康上何ら問題のないものもあれば、治療をした方が良いものもあります。眼瞼下垂を治療することは多くの場合、大きなメリットがあります。
例えば、目が開きやすくなって視野が広がることは、誤って何かにぶつかって大怪我をすることを未然に防ぎます。また、目が開きやすくなることで過剰な筋肉の緊張が取れて、肩こりや頭痛、全身状態の改善が得られることも日常臨床上頻繁に経験することです。

また、眼瞼下垂は多くの方がなっている病気にもかかわらず、ご本人がそうだと気づいているケースが少ないのも特徴です。専門家の私からすると不思議なことなのですが、あまり目が開いていないのにもかかわらず、これは病気ではなくご自身の元々の顔と思っているいるようです。多くの場合症状が緩徐に進むためでしょう。
治療することで色々な症状が改善されるのに、実にもったいないことだと思います。

弊院では眼瞼下垂手術を健康保険適用で行っております。保険で行う手術は流れ作業的に行われるのではないかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。あるいは見た目が変わりすぎたりしないだろうか、違和感ないのだろうかと手術に踏み切れない方もいらっしゃるでしょう。
私どもは元々まぶたの手術を多く行っており、どのようなデザインで行えば自然で尚且つまぶたを開けやすくするという手術目的を達成できるかといったことを熟知しております。また必ず患者様一人ひとりのまぶたの状態を考慮してオーダーメイドで手術を行い、決して流れ作業的に手術を行うことはありません。

眼瞼下垂の治療を行うことは非常に多くのメリットがあることを多くの方に知っていただきたいと思います。ぜひ眼瞼手術の経験豊富な医師のアドバイスを受けていただければ幸いに思います。

尚、完全に美容目的の場合は健康保険での治療をお受けすることができませんので、ご了承ください。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談