眉毛上切開法

眉毛上切開法について解説いたします。
この治療がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療かどうかを判断する一助になれば幸いです。

眉毛上切開法とは?

余剰皮膚を眉毛の上のラインに沿って眉上で切除することで目元をすっきりとさせる方法です。この方法により眉毛の位置が上がりますので、眉毛の位置が下がっている方に適しています。
二重を触らないので元々の自然な目元の印象を保ちつつたるみ(眉毛下垂)を改善できます。
眉毛の上に傷ができますが、時間とともに目立たなくなります。

この施術の適応となる方

  • 上まぶたの皮膚のかぶさりが気になる方
  • あまり目元の印象を変えたくないが、上まぶたのたるみを取りたい方
  • 眉毛の位置が下がっている方
  • 眉毛とまつ毛までの距離が短い方

眉毛上切開法の特長

  • 特長1
    自然なまぶたを演出二重自体は触らないため、元もとのご自身のまぶたの印象を損なうことなくたるみを改善します。
  • 特長2
    腫れが少ないまぶたより上の方で操作をするので、上まぶた自体は大きくは腫れません。
  • 特長3
    傷が目立たない眉毛の上のギリギリのラインで皮膚を切開するため、傷跡が目立ちません。

施術方法

  • STEP1 デザイン

    上まぶたがどのようにたるんでいるかを見極め、それに応じたオーダーメイドなデザインを行います。

  • STEP2 麻酔

    皮膚切開部位に局所麻酔を行います。ごく細い針で行うので、少しちくっとする程度です。痛みに弱い方やなるべく無痛で行いたい方は、静脈麻酔(点滴の麻酔)を行うことで眠っている間に麻酔~手術まで全てを行うことができます(別途料金)。

  • STEP3 皮膚切除

    デザインに従って皮膚の余りを切除していきます。ケースによって詳細は異なりますが、皮膚のみを切除した場合は余計なダメージが他の組織に加わらないため、腫れが少なくてすみます。
    傷跡がなるべく目立たないように、真皮縫合(皮膚の中で縫う)を丁寧に行い、最後に皮膚縫合を行います。

施術のポイント

手術時間

30~40分程度。

麻酔方法

局所麻酔。希望により静脈麻酔を併用。

ダウンタイム

腫れは1週間程度です。
皮下出血がある場合は2週間程で引きます。

術後の診察

5~7日後に抜糸に来ていただきます。

メリット

二重を触らないので元々の自然な目の印象が保てます。

デメリット

最終的には傷は目立たなくなりますが、術後しばらくは傷の赤みをお化粧でカバーする必要があります。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 上まぶたに感染性の皮膚疾患のある方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方

眉毛上切開法についてのQ&A

傷跡は目立ちますか?
眉毛上切開法の場合、最終的な傷はほとんどわからない程度にキレイになりますが、施術後1~3ヶ月は赤みがある場合もあります。この場合はお化粧などでカバーできる程度かと思います。
お化粧はいつからできますか?
眉毛のところのお化粧は抜糸翌日から可能です。抜糸は通常5日目に行います。その他の部位は施術直後からお化粧していただけます。
施術後の腫れはどれくらい続きますか?
眉毛上切開法の場合、二重の部分を触らないため、腫れはそれ程長引きません。3~4日で大きな腫れは引いていると思いますが、1週間くらいみておくと安心かと思います。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談