下瞼脱脂

下瞼脱脂

下瞼脱脂術について解説いたします。
この治療がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療かどうかを判断する一助になれば幸いです。

下瞼脱脂とは?

下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、眼窩脂肪を切除する手術です。
脂肪が突出しているのみで、その下にくぼみがない場合に適応になります。
この手術の良い点は、手術時間も短く腫れも少ないことです。
そのため、本来は経結膜ハムラ法などの眼窩脂肪移動術が適している場合でも、仕事等の理由により時間をあまり取れない方は、この手術で脂肪の出っ張り(目袋)を改善し、クマ(目の下のくぼみ)の部分へはマイクロCRFを組み合わせることでダウンタイムを短縮させることができます(脱脂CRF法参照)。

残念ながら、多くのクリニックでは眼窩脂肪を切除するのみのこの手術が目の下のクマを取る目的で行われています。しかし、この手術のみでは多くの場合実はクマは悪化します。クマの成因は、眼窩脂肪が出っ張ってくることも原因の一つですが、頬の組織が下垂することにより瞼頬溝のくぼみが深くなることの方が大きいためです。
そのため弊院では、この手術を単独で行うことはあまり多くはありません。

この施術の適応となる方

  • 純粋にこの手術が単独で適応となる方は、
    ・目袋がふくらんでいてその下にくぼみがない方
    です。
    多くの場合は、
    マイクロコンデンスリッチファット注入などの脂肪注入術と組み合わせた方がより良い結果を得られます

下瞼脱脂術の特長

  • 特長1
    目の下のふくらみを解消ふくらんでいる部分の脂肪を切除することで目袋を改善します。
  • 特長2
    傷ができない結膜を少し切開するだけなので、皮膚に傷ができません。
  • 特長3
    ダウンタイムが短い切除する眼窩脂肪は結膜側をほんの少し切開するだけで取り出すことができます。 そのため、手術で他の組織に加わるダメージが少なく、腫れなども早く引きます。

施術方法

デザイン

脂肪が突出している部分をマーキングしておきます。

麻酔

切開部分に局所麻酔薬を注射していきます。
無痛での手術を希望の方や術中は眠っていたい方は静脈麻酔での手術も可能です。

手術

  • (1) 下まぶたの裏側の結膜側を約1cm切開します。

  • (2) すぐに眼窩脂肪が出てきますので、突出していた部分の脂肪を目頭側、中央、目尻側とバランスよく切除します。

施術のポイント

手術時間

約40分。

麻酔方法

点眼麻酔、局所麻酔。
静脈麻酔を併用すれば無痛で行うことが可能です。

ダウンタイム

腫れは通常数日です。
皮下出血がある場合、これがに引くには約2週間かかります。 (通常はお化粧で隠せる程度です。)

術後の診察

翌日テープ圧迫の除去。

メリット

結膜側を切るので傷ができません。
ダウンタイムが短くてすみます。

デメリット

中長期的な経過でクマがむしろ悪化する可能性もある。

その他

現状として多くのクリニックでこの手術がクマの治療として行われていますが、脂肪を単に除去するのみではクマは改善しないことがほとんどで、悪化するケースもしばしば見られます。
この手術を行う際は、多くの場合、瞼頬溝(くぼんでいる部分)にマイクロCRFなど、下方に脂肪を補う施術を組み合わせて行うと良いでしょう。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 下まぶたに感染性の皮膚疾患のある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロールが不良な方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方

下瞼脱脂についてのQ&A

手術中に痛みを感じる事はありますか?
局所麻酔の注射の際には少しだけちくっとした痛みを感じますが、強い痛みを感じることはありません。また、手術中は局所麻酔が効いていますので、痛みを感じることはありません。ご安心ください。
他院で下まぶたの脱脂をすすめられました。脱脂法の適応はありますか?
単純に目の下がふくらんでいる場合はこの手術の適応がありますが、実際のところこの治療が一番適している方はそれ程多くありません。 最近では脂肪の単純切除をすすめるところも昔に比べれば減ってきましたが、まだ大半はそのような手術のみを行っているところが多いのが現状です。患者様の状態を実際に拝見させていただき、一番良い治療法をご説明させていただきたく思います。
手術後の腫れや内出血は目立ちますか?
個人差はありますが、腫れは2~3日程度で目立たなくなります。内出血はある場合とない場合がありますが、ある場合は1週間~2週間で自然に消失します。女性の場合はお化粧で隠せる程度かと思います。男性の場合も最近は男性用ファンデーションがドラッグストアに置いていますので、そちらを利用すると問題なく隠せる程度かと思います。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談