皮切経結膜ハムラ法

皮切経結膜ハムラ法

皮切経結膜ハムラ法について解説いたします。
この治療がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療かどうかを判断する一助になれば幸いです。

皮切経結膜的ハムラ法とは?

経結膜的ハムラ法や裏ハムラ法は通称で、より正しくこの術式を表現する場合は経結膜眼窩脂肪移動術に皮膚切除を加えたものになります。(ハムラはハムラ法を開発した医師の名前です。)

下まぶたは加齢とともにふくらみを生じ、俗に目袋と言われる状態になります。このふくらみの正体は眼窩脂肪という脂肪です。

また、目袋の下の部分に溝ができていることが多く見られますが、この溝のことを瞼頬溝と言います。瞼頬溝の部分で膨らんでいるところとくぼんでいるところの境ができて、クマとして認識されます。

この瞼頬溝を改善させるための手術方法として、ハムラ法が開発されました。

ハムラ法は、膨らんでいる目袋の脂肪(眼窩脂肪)を切除するのではなく、下方のクマの部分(瞼頬溝)に移動させることを特徴とする手術方法です。経結膜的というのはこの操作をするためのアプローチを皮膚側からではなく裏側の結膜側から行うということになります。

具体的には、
(1)下まぶたの結膜側を切開し、
(2)眼窩脂肪を眼窩下縁より5~8mm下の骨膜に縫合固定します。

これに加えて皮膚切除を行うことで、だぶついた皮膚も同時に切除することができます。
オリジナルのハムラ法では全てを皮膚側からのアプローチで行います。この場合、途中で眼輪筋という筋肉を切開する必要があります。現在では、眼輪筋はなるべく切らずに温存しておくべきだというのが主な考え方になっています。そのため脂肪の移動は経結膜的アプローチで行い、加えて表からは皮膚の切除のみ行うことで、眼輪筋を全く傷つけずに手術操作が完了します。

この手術では、余剰皮膚を切除できるため皮膚のだぶつきがなくなります。
また、脂肪を切除しないため、下まぶたが落ちくぼむこともありません。

この手術をすることにより、下まぶたの凹凸がなくなり、さらには皮膚のだぶつきも改善し、見た目を大きく改善させることができるでしょう。

脂肪を移動させる理由とは?

ハムラ法のポイントは眼窩脂肪の移動

この手術のポイントは眼窩脂肪の移動にあります。
目袋がふくらんでいるのだから単に脂肪を切除してしまうという治療では、クマの部分は改善しないばかりか悪化します。単純な脂肪切除では目の下全体が落ちくぼむ結果となってしまうからです。また、クマの部分も改善しません。

単純な切除ではなく、脂肪をふくらんでいる部分からへこんでいる部分へ移動させることでクマの部分が平らになり、若々しい目元を作り出すことができます。

この施術の適応となる方

  • 目袋がふくらんでいてその下にくぼみがある方
  • 皮膚の余りの目立つ方

皮切経結膜ハムラ法の特徴

  • 特長1
    ふくらみとくぼみの両方を同時に解消ふくらんでいる部分(目袋)をくぼんでいる部分に移動させるので、結果としてふくらんでいる部分はへこみ、くぼんでいる部分はふくらむことによりクマが解消されます。
  • 特長2
    皮膚を切除してだぶつきもすっきり余剰皮膚を切除することで余ってだぶついていた状態をすっきりさせることができます。傷はまつ毛のすぐ下1~2mmの位置なので、1~2か月程でほとんどわからなくなります。
  • 特長3
    脂肪が減らない脂肪は切り離さず脂肪弁としてくぼんでいる部分に移動させているため、血行が保持されているので、中長期的経過でも脂肪が減ってしまうことがありません。

施術方法

デザイン

切開部分(まつ毛の生え際からすぐ下)、脂肪が突出している部分、くぼんでいる部分をマーキングしておきます。

麻酔

切開部分(皮膚側+結膜側)に局所麻酔薬を注射していきます。
局所麻酔注射は若干の痛みを伴いますので、無痛での手術を希望の方や術中は眠っていたい方は静脈麻酔での手術も可能です。

手術

  • (1) 結膜側(下まぶたの裏側)の瞼板下を切開します。

  • (2) 眼輪筋という筋肉の下を眼窩下縁まで剥離します。さらに下方に頬骨の骨膜上を約5mm~8mm程度剥離します。

  • (3) 眼窩隔膜と眼窩脂肪を眼窩下縁より約5mm~8mm下の骨膜に縫合固定します。最後に余剰皮膚を切除し、切開部を縫合します。

施術のポイント

手術時間

約1時間半。

麻酔方法

点眼麻酔、局所麻酔。
静脈麻酔を併用すれば完全無痛で行うことが可能です。

ダウンタイム

1週間程度の腫れ。

術後の診察

翌日にテープ圧迫の除去。5~7日後に抜糸。

メリット

クマ、たるみが一度に改善し、すっきりした下まぶたになります。
効果は半永久的です。

デメリット

皮膚を切開するため、切開部の傷が1ヶ月~数ヶ月程度赤い。
(お化粧で隠せる程度です。)

その他

傷は最終的にほとんどわからなくなります。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 感染性の皮膚疾患のある方
  • 糖尿病で血糖値のコントロールが不良な方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方

ハムラ法についてのQ&A

目の下のちりめんじわが気になります。皮切経結膜的ハムラ法の方法で改善されますか?
手術により下まぶたの皮膚をいくらか切除してたるみを取ることは可能ですが、下まぶたの皮膚がピンピンに伸びるわけではありません。皮膚がたるんでいることで寄っているような深い横ジワは改善されますが、手術的にちりめんじわを治療することは難しいと思います。皮膚をひきしめる効果のある器械系治療や注射系の治療をおすすめしています。
手術をしてもまた元に戻りませんか?
脂肪の移動処理を行った手術については、その結果については半永久的とお考えください。単なる脂肪切除術は脂肪自体が増えることはないですが、見た目の結果は元に戻ったり、むしろ悪化したように思われることがあります。弊院では単なる脂肪切除術は限られた場合にしか行いません。後戻りのない脂肪を移動させる方法が基本です。また、この手術をしたからといって老化がストップするわけではないので、皮膚のたるみは将来的には出てくるものと思います。
手術後、皮膚が余ってしわになったり、たるんだりしませんか?
皮膚の余りが多いのに、余剰皮膚を切除しない手術をされた場合はシワが増えることがあります。ただし通常はそれほど気になるものではないと思いますし、その場合も後で皮膚を取り足す手術を行うことも可能です。ただしちりめんじわは手術的な方法では改善しません。
メイクはいつから出来ますか?
手術を行った下まぶた以外は翌日から可能です。 抜糸(5~7日後)の翌日からはアイメイクも可能です。
傷は目立ちますか?
皮膚側を切開する場合、まつ毛のすぐ下を切開します。この場所は傷の非常に綺麗に治る場所です。術後1ヶ月~3ヶ月間は赤みがありますが、落ち着けばまず気になることはないでしょう。少し気になる間はメイクなどでカバーしてください。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談