上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ治療について解説いたします。
この治療がどのようなものかを理解し、ご自身にあった治療を選択する一助になれば幸いです。

上まぶたのたるみ取りとは?

上まぶたの皮膚がたるんでくると、まぶたの皮膚が二重や眼球に覆いかぶさってきます。
見た目上では、上まぶたの外側部分が一番たるみやすいため、目が三角に見えることから三角目と呼ばれ、不機嫌そうな印象を与えてしまいます。
見た目上の問題だけでなく、たるんだ皮膚が視野を遮ることにより、視界が狭まりますし、たるみを減らそうとするためまぶたや額の筋肉が絶えず緊張してしまい、肩こり、頭痛の原因にもなります。
このような状態を改善することで、若々しい目元が得られるだけではなく、神経の緊張状態が取れることにより体調が良くなるなどの効果も期待できます。
上まぶたのたるみを解消したい方のために、弊院では患者様に最適な治療をご提案することができるよう、様々な治療法を用意しております。

どのようにして上まぶたのたるみを改善させるか?

上まぶたがたるんだ状態を改善するためには以下の戦略が考えられます。

(1)余った皮膚を切り取る。
(2)二重の幅を広げてかぶってくる皮膚を減らす。
(3)上まぶたや額の皮膚を引き締め収縮させる。

たるんだ状態を改善させるためには(1)皮膚を切除する治療が現在のところ最も効果が高く理にかなっています。
元々一重の方や二重があまり広くない方でしたら、(2)二重手術を行っても皮膚のかぶさりを減らすことができます。
手術はできるだけしたくないという方はたるんでいる上まぶたや額の皮膚を器械を使って引き締めてたるみを軽減させるという方法を選ぶこともできます。

(1)余剰皮膚を切除する方法
眉毛下切開法
重瞼ライン切開法
眉毛上切開法
(2)二重を広げる方法
二重埋没法
(3)上まぶた・額の皮膚を引き締める方法
マドンナリフト
ウルセラアイサーマクールアイ

施術のご紹介

  • 眉毛下切開法

    余剰皮膚を眉下で取り除きます。二重部分を触らないので元々の目元の印象を変えずにたるみをを改善します。

    施術の詳細
    眉毛下切開法
  • 重瞼ライン切開法

    余剰皮膚を二重ライン上で取り除ます。傷が二重の中に隠れるため、早期から傷がわかりにくい点がメリットです。まぶたの厚ぼったくない方や男性、少しのたるみを取りたい方などにおすすめしています。

    施術の詳細
    重瞼ライン切開法
  • 眉毛上切開法

    余剰皮膚を眉上で取り除きます。眉毛の位置が上がるため、眉毛の位置が下がっている方に適応があります。

    施術の詳細
    眉毛上切開法
  • 二重埋没法 切らない

    二重幅を広げることでかぶさってくる皮膚の量を減らし、結果的にたるみが減ったように見せることができます。糸をまぶたの中にかけていきますが、切ったりはしないので、手術には抵抗のある方にも気軽に施術を受けていただけます。

    施術の詳細
    二重埋没法
  • マドンナリフト 切らない

    フラクショナル炭酸ガスレーザー「スマートサイドドット」を使用して、上まぶたの皮膚に直径0.1mmの微小な穴を無数に開けていきます。皮膚が治癒していく過程で、均一に皮膚が収縮することにより上まぶたのたるみや小じわを改善します。

    施術の詳細
    マドンナリフト
  • ウルセラアイ+サーマクールアイ ダウンタイムなし

    ウルセラ(焦点式超音波)とサーマクールアイ(高周波)を併用し、上まぶたや額の皮膚を引き締めることにより上まぶたのたるみを改善します。
    ダウンタイムのない治療ですのでお気軽に施術を受けていただけます。

    施術の詳細
    ウルセラアイ
    サーマクールアイ

施術の比較

手術方法 眉毛下
切開法
重瞼ライン
切開法
眉毛上
切開法
埋没法 マドンナリフト ウルセラアイ+
サーマクールアイ
特長 眉毛の下で
皮膚を切除
二重の上で
皮膚を切除
眉毛の上で
皮膚を切除
糸で二重を広げて
皮膚のかぶさりを
減らす
皮膚に微小な穴を
無数に開けて
皮膚を引き締める
皮膚、筋肉に
熱を入れて
皮膚を引き締める
ダウン
タイム
約1週間~10日 約1週間~10日 約1週間~10日 数日 2~3日 なし
メリット 目元の印象を変えずにたるみが改善
まぶたの厚みも改善
傷が二重の中に隠れるので早期から傷が目立たない 眉毛の位置が下がらない 切らないので
腫れが少ない
小じわの改善も得られる ダウンタイムがない
デメリット 傷が目立たなくなるのに少し時間が必要 他の方法に比べるとやや腫れが大きい 傷が目立たなくなるのに少し時間が必要 糸が切れた場合に元に戻ることがある 数日軽度の赤みや腫れが見られる 効果が表れるのに
1か月くらい時間がかかる

上まぶたはたるみの程度、二重の幅、まぶたの厚み、くぼみ具合、眉毛の高さなど、個々により状態が異なるため、一様に同じ治療を当てはめれば良いというものではありません。
エースクリニックでは患者様の上まぶたのたるみの状態に応じて経験豊富な医師が最適な治療法をご提案いたします。専門院のキメ細やかな施術を是非体験してください。

※専門的な判断が必要となりますので、どうぞお気軽にカウンセリングにいらしてください。

上まぶたのたるみ取りについてのQ&A

元々一重まぶたですが、一重でも上まぶたのたるみ取りはできますか?できれば二重にはしたくなくて、一重のままが希望です。
一重まぶたの方で一重のままで上まぶたのたるみを取りたい場合、眉毛の下で皮膚を切除すると良いでしょう。この部分の傷は時間がたてばほとんどわからなくなりますが、あまりこの部分を切りたくないという場合は、まつ毛のすぐ上(2~3mm上)の部分から上の皮膚を切除します。この場合、当初は奥二重のような感じになりますが、なじんでくるとほぼ一重の状態になってきます。ただし、人によってはごく狭い奥二重のように見える可能性はありますので、何がなんでも一重のままでという方はやはり眉毛下切開法をおすすめします。
気軽に受けられる器械系の治療を検討しています。たるみはだいぶ良くなりますでしょうか?
器械系の施術でもたるみの改善は得られますが、しっかりとたるみを解消したいのならやはり手術に勝るものはないと思います。器械系の施術はダウンタイムがありませんので(一部は数日程度あるものもる)、今は時間が取れないので手術はできないが、取りあえず少し改善できれば楽になるのにという方には良い治療です。
男性ですが、最近上まぶたの皮膚のかぶさりが気になってきました。なるべく傷跡がわからないような手術を行いたいのですが、どのような方法がありますでしょうか?
傷が一番わかりにくい手術方法は重瞼ライン切開法です。この方法は二重の上の皮膚を取る手術で、傷が二重の中に隠れるため手術後早期から傷が目立ちにくく、この傷も最終的に二重のラインと同化するので、時間がたてばさらにわからなくなります。ただし、元々まぶたの皮膚が厚く腫れぼったい人や二重の幅が広い人の場合、より厚ぼったさが強調されるケースがありますので、診察の上、この手術方法が適しているかを診断させていただきます。診断の結果、仕上がりの自然さを考慮してほかの手術方法をおすすめする場合もあります。
眉毛の下で皮膚を取ると傷跡は目立ちますか?
結論からいいますと、数か月の経過で傷はほとんどわからなくなります。最初のうちはどうしても傷の赤みがありますので、その時期はお化粧などでカバーしていただけると思います。男性の方の場合はまぶたの状態によってケースバイケースですので、状態を診察させていただき、その方に合った治療法をご説明いたします。

その他目元のエイジングケア施術

  • 目の下のクマ・たるみ

    クマを取って活き活きとした表情に

    下まぶたのクマのお悩みは老若男女を問いません。クマがあるとそれだけで疲れてみえたり暗い印象を与えてしまったりします。特に凹凸からくる影クマはお化粧で隠すことはできません。適切な治療を行うことで、目の下のクマを改善することができます。

    目の下のクマ・たるみ 詳細
  • くぼみ目

    くぼんで老けて見える目元の解消

    若いときにはパンパンしていたまぶたも年齢とともにくぼみがちに。上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。また、くぼみが強いと目を開けにくくなるので疲れやすくなって日常生活に支障を来たすこともあります。

    くぼみ目 詳細
  • 目元のしわ

    気になる目元のしわを切らずにケア

    目元は皮膚が薄いため、しわが出来やすい部位です。目元にできるしわには、主に眼輪筋の収縮により生じる表情じわと皮膚の弾力性の低下により生じるちりめんじわ、皮膚のたるみが原因のたるみじわがあります。

    目元のしわ 詳細
  • 眼瞼下垂

    エースクリニックの眼瞼下垂治療は健康保険が使えます。

    眼瞼下垂とは、目の開きが悪い状態をいいます。これは何らかの原因によりまぶたを開ける筋肉の力がうまく伝わっていないことにより生じます。 目の開きが悪いと眠たそうな目に見えたり、片側の場合は目の左右差となって現れますし、時にひどい肩こりや頭痛の原因にもなります。

    眼瞼下垂 詳細

院長からのメッセージ

上まぶたは皮膚が薄いため、たるみの症状が顕著に現われやすい部位です。
と同時に皮膚が薄い部位は手術による改善効果が得られやすいという特徴があります。

上まぶたにたるみがあると、美的な面での印象が損なわれるということもありますが、何よりも筋肉の過剰緊張から肩こりや頭痛、疲れやすいなどといった症状が出やすいですし、視野が狭まる程たるんでしまえば命の危険性すらあります。

実際に多くの方の治療を行っていると、体が楽になった、治療して初めて目のたるみで体調が悪かったのだと気付いたとおっしゃる方が非常に多いことがわかります。

一方、上まぶたは二重(ふたえ)という美的要素を抜きにしては語れません。いかに自然で美しい状態を作るかというのは上まぶたの治療を行う上で私が非常に神経を使っているところであります。
ですので、単純に余っている皮膚の量から切除量を決めるということはしません。その方の二重の幅、まぶたの厚み、くぼみ具合、眉毛の位置、まぶたの開き具合、などを総合して勘案することでより良い仕上がりを得ることができます。場合によっては2か所にわけて皮膚を切除するというのもありでしょう。

上まぶたのたるみというのは誰にでも生じる症状です。たるみを除去することで見た目の改善と身体状態の改善が得られるため、多くの方に受けていただきたい手術だと思っています。
高額なお化粧品で何とかしようとされている方もいるかとは思いますが、ぜひ経験豊富な医師のアドバイスを受けていただければ幸いに思います。

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談