院長コラム

皮膚の余りのある人にも経結膜ハムラ法が適している理由

経結膜ハムラ法の登場により、
目の下のクマ・たるみに対する治療コンセプトは大きく変わったといっても過言ではありません。

それまでは皮膚側を切開するハムラ法しかありませんでした。
ハムラ法はとても優れた術式でしたが、
(1)皮膚を切ることによる傷の問題
(2)眼輪筋を切開することによる術後の外反の問題
がありました。

皮膚を切開する場所は下まぶたのまつ毛の1~2mm下なので、
1~3ヶ月程度で傷はほとんどわからない状態になりますが、
それでも傷ができないに越したことはありません。
そのうちにわからなくなると言っても、特に男性の場合はお化粧をしないので、
それまで隠す手立てがないと言った面がありました。

また、皮膚側を切開するハムラ法の場合、
下まぶたの手術後に一時的に外反する(あっかんべー状態)ケースが稀にあります。
この外反の原因は、皮膚の取り過ぎではなく、
ほとんどの場合眼輪筋を切開することによる下まぶたの緊張の低下と一時的な傷の拘縮が原因です。

高齢の方ほど、下まぶたを支える靭帯が緩んでいるので、
眼輪筋を切開することでデメリットが大きくなります。

下まぶたの構造は表面から皮膚、眼輪筋、眼窩隔膜、眼窩脂肪、結膜という順になっています。
そのため、皮膚側から眼窩脂肪にアプローチする場合、
眼窩脂肪に到達するには必ず眼輪筋を切開しなければなりません。
結膜側から切開すれば眼輪筋を切らずに脂肪の処理を行うことができます。

では、皮膚の余りがある場合どうしたらいいのか?

皮膚の余りが目立ち皮膚を切除した方が良いと思われる場合、
経結膜的ハムラ法のバリエーションで、
脂肪の移動は結膜側から行い、同時に皮膚のみ切除するという方法があります(皮切経結膜ハムラ法)。
この方法では眼輪筋は切らないため、
下瞼の緊張を保つことができ、術後の外反を防ぐことができます。

あるいは、皮膚の余りもあるがクマがひどいといったケースでは、
クマさえ改善すれば、皮膚のあまりは残してもそれほど気にならないことも多いので、
とりあえず皮膚には手をつけないのも一つの方法です。

また、もし術後に皮膚の余りが気になるのであれば、
非外科的な方法(切らない方法)で皮膚を引き締めることもできます(マドンナリフトやウルセラアイ、サーマクールアイなど)。

いずれにしましても、最近の下まぶたの手術に対する考え方としては、
なるべく眼輪筋を切らずに温存しようという流れが主流になりつつあります。
そのため、弊院においても、現在のところ
全ての術式において眼輪筋を切開しない方法で行っております。

コラム インデックス

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

電話:0120-764-912

カウンセリング予約

メール相談